インタビュー

東京麻布十番店 店長(10年目)

加藤良太

“本物”を目指す人間力をつけて、
一緒に人生のステップアップをしていきましょう!

加藤良太

sakaiに入店したきっかけを教えてください。

実は前職の建築関係の仕事をしている時に坂井オーナーと知り合ったのがきっかけです。
社長でありオーナーシェフである、坂井保明さんの人間力に惚れ込んだ事が一番の決め手です。
漠然とただ飲食店のオーナーになりたいと思っていた自分に、自らフライパンを振れるオーナーシェフでなければならない大切さなどをいろいろ教えて頂いて入店することを決めました。

仕事上で印象的なエピソードはありますか?

加藤良太

料理の事は当然ながら、ワインの勉強もしっかりとしていかなければなりません。
数多く開催される試飲会などで自分が「これは美味しい!」と思ったものを見つけて、自ら選定したワインがお客様に「このワイン美味しいね!」と言われた時は、たまらなく嬉しいです。
sakaiは高級ワインを多数扱っていますが、以前、私の不注意で2度と手に入らないワインを割ってしまいました。
とりかえしのつかないミスをしてしまったんです。
その日の営業後に、社長が私のことを呼び出し、「これを飲んでみなさい。」と先ほど私が割ってしまったワインのわずかに残ったものを差し出されました。クビにされると思っていた私に、「覆水盆に返らず。起きてしまったことは仕方ない。同じミスをしないように次は気をつけような!」と笑顔で大きな心で受け止めてくれた坂井社長の一言が今でも忘れられないエピソードです。

最後に志望者の方へメッセージをお願いします。

加藤良太

“本物”を目指す人にとっては最高のフィールドだと思います。
仕事とは何なのか?人として大切な事は何なのか?生きていく上で本当に大切なものを身に付ける事が出来ると思います。
だからこそ、仕事は厳しく大変です。朝から晩まで全力投球です。決して楽ではありません。
私たちと一緒に“本物”を目指す人間力をつけて、一緒に人生のステップアップをしていきましょう!

PAGE TOP